自作か購入か

手に持ったスマホ

最初は自分で作るものでした。

皆さん、「着メロ」という言葉を知っていますか。携帯電話、スマートフォンをご利用の方はご存じだと思いますが、着メロとは「着信メロディ」の略語で、商標登録がなされている言葉です。着メロはポケベルが流行した時代に考案されたものだと言われており、早くも1995年には原型が作られていたようです。 今では専用のホームページからダウンロードするもの、という認識がありますが、着メロが流行した当初は「自分で音を打ち込んで作るもの」でした。プリインストールの着信音が数種類しかなかった当時、新たに流行している歌を着信音に設定できるということは大変画期的であり、爆発的に流行しました。その時代には着メロを作るために、ニューリリースされた歌の楽譜を載せた雑誌まで発売されたそうです。

着メロサイト、今でもあります。

最初は「自分で作るもの」だった着メロですが、携帯電話が普及していくにつれて着メロ専用のホームページが作られていきました。ホームページから気に入った曲を探しお金を払ってダウンロードする、という仕組みのサービスが始まったのです。このような配信サービスは一世を風靡し、人々はこぞって利用していきました。一週間のランキングから曲を選び、試聴、そして購入。時には誰かにプレゼントをする。欲しい曲が無い場合はリクエストのページから要望を送る……。このようなサービスに、思わず懐かしさを感じてしまいませんか。 それからしばらくして、歌の歌詞が入った着うたや、一曲まるごと聞くことができる着うたフルが登場し、着信音にも選択の幅が出てきました。しかしスマートフォンが広く普及した今でも、着メロの配信サイトには根強い人気があります。プリインストール音楽で物足りない方は、ぜひインターネットで着メロを探してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加